審査について

書類・映像による選考

  1. 実行委員会のなかに、書類・映像選考委員会を設置する。委員会は、提出された書類並びに映像資料をもとに選考を行い、第一次予選の参加の可否を決定する。
  2. その結果は、2018年8月15日(水)迄に、郵送とe-mailで、応募者に通知する。
  3. 選考内容については公表しない。

選考委員会

委員長:外山雄三

委員:広上 淳一、桑原 浩、宮澤 敏夫、尾高 忠明、高関 健(アルファベット順・敬称略)

審査の段階について

  1. 審査は、第一次予選、第二次予選、本選の三段階を実施する。
  2. 審査日程は下記の通りとする。
  3. 尚、審査は全日程、一般公開(有料)される。

開催期日、会場、演奏

第一次予選

  • 2018年10月8日(月)、9日(火)
  • 東京オペラシティコンサートホール(東京・新宿区西新宿/京王新線 初台駅)
  • 東京フィルハーモニー交響楽団

第二次予選

  • 2018年10月10日(水)、10月11日(木)
  • 東京オペラシティコンサートホール(東京・新宿区西新宿/京王新線 初台駅)
  • 東京フィルハーモニー交響楽団

本選

  • 2018年10月14日(日)
  • 東京オペラシティコンサートホール(東京・新宿区西新宿/京王新線 初台駅)
  • 新日本フィルハーモニー交響楽団

審査方法/課題曲、自由曲

第一次予選 オーケストラの指揮

課題曲

  • ハイドン:交響曲第82番ハ長調 Hob.I:82 Barenreiter版

第二次予選 オーケストラの指揮

課題曲

  • 武満徹:弦楽のためのレクイエム Salabert版
  • ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調作品30 Boosey & Hawkes版
  • バルトーク:管弦楽のための協奏曲 第1・4楽章 Boosey & Hawkes版

本選 オーケストラの指揮

課題曲

  • メンデルスゾーン:序曲「静かな海と楽しい航海」作品27 Breitkopf&Hartel 版

自由曲

  • 参加者が申込の際提出する“独奏、独唱、合唱を含まない正常3管編成、打楽器(ティンパニを含む)6人以内の交響曲、管弦楽曲” 3曲の中から、実行委員会が演奏曲目を決定する。
  • 【編成上の注意】
    • サクソフォンは1本まで可とする。
    • ピアノ、チェレスタ、オルガンは各1台まで、演奏者は2名まで可。
    • ただしチェンバロは不可。
    • ハープは2台まで可とする。
  • 演奏曲目は、第二次予選の通過者決定後、参加者に通知される。

審査順

第一次予選、第二次予選、本選とも、参加者自身の抽選により決定する。

参加料

書類・映像による選考を通過した第一次予選の参加者は、参加料として下記の金額を参加者受付時に納入する。
20,000円。(但し、日本円で、現金のみの取り扱いとする)

参加者受付

第一次予選

第一次予選の参加者は、下記の日程で行う参加者受付に集合し、所定の手続きを行うこと。

2018年10月7日(日)午後3時 民音文化センター1F

  1. 課題曲の演奏箇所の発表
  2. 審査日と審査順序の抽選・発表
  3. 参加料の納入
  4. 外国からの参加者に対する、国際航空運賃の補助金の支払い。

第二次予選

第二次予選の参加者(第一次予選の通過者)は、下記の日程で行う参加者受付に集合し、所定の手続きを行うこと。

2018年10月9日(火)第一次予選終了後 東京オペラシティコンサートホール

  1. 課題曲の演奏箇所の発表
  2. 審査日と審査順序の抽選・発表

本選

本選の参加者(第二次予選の通過者)は、下記の日程で行う参加者受付に集合し、所定の手続きを行うこと。

2018年10月11日(木)第二次予選終了後 東京オペラシティコンサートホール

  1. 自由曲の演奏箇所の発表
  2. リハーサルの注意事項ならびに打合せと審査順序の抽選・発表

審査結果の発表

  • 第一次予選:10月 9日(火)の審査終了後、審査会場にて掲示発表する。
  • 第二次予選:10月11日(木)の審査終了後、審査会場にて掲示発表する。
  • 本   選:10月14日(日)の審査終了後、表彰式にて発表する。

(2017年6月現在)

PAGE TOP